カリフォルニア州アーバイン

アーバイン市の歴史記事一覧

アーバイン市開発の立役者達

ジェームス アーバイン一世ジェームス アーバイン一世は弟と共に、1846年にアイルランドから移住してきました。1848年、ジェームス アーバイン一世はサンフランシスコに渡り、金の発掘場で6年間従事、その後投資用の家を購入します。ジェームスの友人が羊飼育の事業を始める際、アーバインは50%を出資し、会...

≫続きを読む

スペイン人とメキシコ人の影響

1769年、スペインの探検家ガスパー デ ポータラがサンジュクインの村に入り、それまでののどかな先住民達の生活に突然終止符が打たれることになりました。スペイン人は砦をつくり、教会を建てたり牛の群れの飼育を始めます。スペイン国王は教会を次々と建てさせ、数箇所の大きな個人所有地も出来上がりました。183...

≫続きを読む

初期の時代初期の時代

考古学調査によると、アーバイン地区における最も古い先住民が現れたのは、今から少なくとも12000年前。可能性としては、18000年以上も前と考えられるそうです!実際今ですら、アーバインの未開発地域では初期の先住民のキャンプ後や石造りのシェルターなどが、点在して見つかることもしばしば。今から2000年...

≫続きを読む

将来へ向けて

1959年、カリフォルニア大学総長は、新たしいキャンパス建設の為に、アーバインカンパニーに1000エイカー(約406万4800平方メートル)の分配を依頼しました。しばらくの協議の後にアーバインカンパニーは合意。カリフォルニア州も合意して州はさらに500エイカー(約203万2400平方メートル)を加え...

≫続きを読む

先見者 ジェームス アーバイン

1870年当初、アーバイン、フリント、ビクスビーの三つの大牧場は羊の飼育に大きな影響力を持ち、貸し牧場経営にも乗り出していました。1876年、ジェームス アーバインは賃貸パートナーの利子から、$150000(1千613万1000円:当時と現在では$1の価値が異なります)を獲得。110000エーカー(...

≫続きを読む