病院について

病院について

アメリカでは病院にかかるときはまず「予約」が必要で、日本の病院のように飛び込みというわけにはいきません。急病の場合でも予約がないとかなり待たされますし、場合によっては長時間待っても結局看てもらえず、救急病院に行くしかない場合もあり得ます。

 

また、早く看てもらいたいが為に「急病」と言う方もまれにいますが、救急病院に行くとかなり高額を請求されますので注意。アメリカでは通常、誰でもホームドクター(かかりつけの医者)を持っています。ホームドクターは普通内科か一般医で、健康診断や風邪などの簡単な病気の時にかかります。専門医を紹介してもらったり、また入院が必要な場合でも病院の紹介をしてもらうことが出来ます。家族全員の健康を預けるのですから、友人・知人・会社の人に紹介してもらうなどして、信頼できる医師を選びましょう。

 

初回はまず電話で予約をとります。この際に保険を持っているかどうかを聞かれ、保険書のコピーを送ってくれといわれる場合もあります。ホームドクターを持たない方は、クリニックに行きます。ここでもまず電話で予約が必要です。アメリカでは低所得者用のクリニックがあり、ここでは収入に応じて治療費が異なります。

 

入院が必要な際、一般の開業医から来た患者もクリニックから来た患者も当然同じサービスを受けますが、値段は異なってきます。また入院の時に一番困るのが英語での病名です。日常レベルの英会話では問題ない方でも、病状や体の細かい部分の説明となると、理解するには自信がないという方が多いのではないでしょうか。幸いなことに、ここ南カリフォルニアでは日本人ドクターも多いので安心です。

Irvine市内の日本語が通じる内科医

Albert Eiichi Saisho, M.D.
最所 栄一氏
4900 Barranca Parkway, Suite 101, Irvine, CA, 92604


予約・問い合わせ(949)262-0080 (24時間緊急電話サービス)
開業時間;月〜金: 9am ? 12pm, 2pm - 5pm
土・日:緊急の場合のみ