小話

小話

メリカ合衆国三番目のボーイスカウトチーム「ジャンボリー」は1953年にアーバイン農場で展開され、その一週間教育プログラムには延べ45000人が参加しました。それから間もなく、アーバイン市の主要道路の一つが「ジャンボリー道路」と名づけられています。

 

マ豆は、アーバイン市内の60000エーカーの土地で栽培されています。収穫期には、アーバインは世界最大のリマ豆生産地になります。

 

イケルソンドライブ(アーバイン市にある道路)は、有名な物理学者アルバート マイケルソンにちなんで名付けられました。アルバートマイケルソンは、世界で初めて光の速度を正確に測定した人です。皮肉なことに、マイケルソンドライブはアーバイン市内の全ての道路の中で、その制限速度が最も遅い道路になった事実が過去にあります。

 

ーバインカンパニーは、カリフォルニア大学アーバイン校に1000エーカーの土地を寄付し、合わせて500エーカーの土地を譲渡しました。大学のクラスは1965年9月に開始されました。大学マスコットは「アリクイ」です。